2018年4月23日月曜日

「精神の声」

劇場:イメージフォーラム

「サタンタンゴ」以来の超編映画。
5時間半でソクーロフときたら居ても立ってもいられません。
タジキスタンへ徴兵されるロシアの若者たちを追ったドキュメンタリー。

第一部はなんと40分風景フィックスワンカット!
長回し好き監督にデジタルを与えるべきではなかった…。
可能な限り回しよるんですあいつら。
でもモーツアルトのおかげで全然余裕でした。

第二部は淡々としており、第三部は結構寝た。

ガチの戦争が始まる第四部はその緊迫感でとても面白かった。
機関銃を撃つ人が「ちょっと休憩」とタバコを吸うシーンに感動した。
タバコは戦争を止めさせる力がある!

印象的だったのは、詩的な映像が後半にいくにつれてどんどんと少なくなり、最後の第五部では兵士たちの疲労と比例するかのごとく淡白な画角になっていった。
完全に意図した演出なのかはわからないが、それが観ているこっちの疲労にも繋がり、同じ戦争体験をしている気分になった。
そして今まであからさまに登場することのなかったカメラと監督の存在が徐々に明らかになり、あ、これはやっぱりドキュメンタリーなんだと再確認させられる。

そして最後は「ストーン/クリミアの亡霊」のラストのようなセリフで幕を閉じました。

「FAKE」の猫の元ネタを見たような気がする。
たぶんこれパクったな森達也。

結局ソクーロフ特集で観れたのはこれだけでした。

「君の名前で僕を呼んで」

劇場:よみうりホール

試写会にて鑑賞。
今をときめく(らしい)ティモシー・シャラメ。
見渡す限り女子の中でむずむずしながら観た。

良かったのは、同性愛による背徳加減が薄いところ。
ぼくらいけないことしちゃってる!感が薄く、純粋な初恋として描いていた。
それが新しいゲイ映画として評価されたのではないでしょうか。
お父さんの眼差しとか泣ける。

内容は素晴らしかったのですが、わしゃゲイ映画は無理だな。
アーミー・ハマーがムッチムチで暑苦しくて居心地が悪かった。
みんな基本半裸で短パンなんだもん。

2018年4月4日水曜日

「マザー!」

ダーレン先生の新作を劇場で見れないという悲劇!
劇場で観たかった、と熟。
まあ教えていただくまで知らなかったのですが。

前半の展開に「ファニー・ゲーム」か?と思い、やがて押し寄せる人々に「アイデンティティー」か?思い、やがて巻き起こる狂乱の渦にこれは「トラキアの大饗宴」ではないか!!と狂喜に溺れ、最後に「…?」と取り残されてしまったのでした。

中盤から始まる、一気に地獄へと流されていくシーンは凄まじい!これぞ映像体験!
あのシーンを劇場で観たら失禁して涙を流したことでしょう。
映画の中で自分の理解を超える瞬間ほど美しく酔えるものはない。

テーマに関しては理解しきれないところもあるし疑問に思う部分も多々あるのですが、ダーレン先生の脳内の悪夢を巡ることが出来て大変幸せでございました!

こんなに寓話的で、絶望と希望が入り乱れて、走馬灯のようにあらゆる事情を表現しきった製作者たちに心から賛辞を送らせていただきます!
最高!

2018年3月22日木曜日

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

劇場:TOHOシネマズ 西新井
試写会にて鑑賞。

一見、おっロン・ハワード?と思いがちな題材ですが、なんとスピルバーグの新作でした。
最近は社会派監督なのか?

セリフの量と速さでなかなか内容を把握するのが大変だけど、トム・ハンクスとメリルストリープの演技力で観ていてとても安定感がある。
決めるところはバチっと決めるし。

映像的なこだわりはあまり見れなかったが、監督自身「ツイートのような作品」らしく、スピード勝負で撮ったらしいからしかたないのか。

次は吹き替えで観たい。

「ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE」

チェット・ベイカーの物語

ちょっと前半のドラマがMV的で寄せ集め感あったが、最後はぐっときました。

音楽詳しい方と話していて、ジャズは崇高なイメージあるけど、みんなドラッグばっかやってたジャンキー音楽だよ、と言われて、いいものには薬がつきものだなーと思った。

2018年3月2日金曜日

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」

劇場:TOHOシネマズ新宿

画が綺麗だった。
あとはまあなんというかさすがソフィア・コッポラ、大味な感じでございました。

もっとエグくドロドロにできたのにな…。
そこを見せる気はないのかな…。
「SOMEWHERE」くらいのあまりストーリーが重要でないものが合っているのでしょう。

2018年2月28日水曜日

「リメンバー・ミー」

劇場:よみうりホール

試写会にて鑑賞。
公開前なので簡単な考察を。

ディズニー、ピクサーが送るダンテの地獄めぐり!…じゃなくて天国めぐり。
犬の名前がダンテなんだもん。そりゃアガります。
メキシコの”死者の日”を要素に、死者の世界を巡る主人公。
まさに「神曲」でございました。

色々と先が読める物語だったけど、やっぱりディズニーは家族を描くのがうまい。
とってつけたように一族でドタバタコメディやってたし。
最後はうるっときてしまいました。

原題は「Coco」なのに、邦題が「リメンバー・ミー」なのは、多分アナ雪の「レット・イット・ゴー」的売り方をしたいんだな。
売れるといいですね。

そういえばアリギエ、って単語が2回くらいあった気がするけど、何を意味しているか聞き逃した。
翼の生えたゲリュオンの降下らしきシーンもあった。

疑問点をいくつか。

主人公の名前は”ミゲル”。
これはどうやらミカエルからきている名前らしい。
ミカエルは戦士なイメージだけど、今回の主人公はあまりそんなイメージがない。
もちろん物語として、主人公的戦士感はありますが。
その辺の繋がりをもうちょっと考える。

あとあのカラフルな動物たちの元ネタはなんなのか。
メキシコ本来の伝統的キャラクターなのか、その雰囲気をモチーフにした創作なのか、フリーダ(フリーダ・カーロがめっちゃ出てくる)の絵にあるのか。
とても威圧感のある映像で、動物が出てくるたびテンション上がった。

2018年2月17日土曜日

「アデル、ブルーは熱い色」

パルム・ドールをとって、当時とても話題になっていた作品。やっと鑑賞。

ここまでラブストーリーしているものも久しぶり。
牡蠣を食べるシーンに笑ってしまったが、それ以外はとても堅実な印象だった。

最後、レアちゃんとパートナーがキスをする瞬間、誰かの頭で隠れてしまった。
きっとみんなこういう過去があるのでしょう。
なくても探してしまう、とてもいい映画。

主演の演技がとても良かった。
いつも口が空いているのが可愛い。
レアちゃんはカリスマ性はあるけど、こういう映画の主演には向いんてないんだろうな。

2018年2月14日水曜日

「ゆれる人魚」

劇場:シネマカリテ

「RAW」があまりにも良かったので、今似ている衝撃がありそうな映画はこれかな、と思い鑑賞。
これも新人女性監督。

しかし、順番が悪かった…というか、ふつーに観ても多分ダメだったと思う。
1シーン1シーンの映像の作り込みは素晴らしいのですが、そもそも登場人物たちの感情が全くわからない。
この監督は映画を観たことがあるのか。
MV的に撮って繋げても映画にはならないと再認識させられた。

お金と映像センスとがあるだけに、とてももったいない映画。
何度席を立とうと思ったことか。
今年のワースト1位。

これを見るならソ連の「新・人魚姫」を観てほしい。
数倍も映画愛があるし、切ないし、女優がかわいい。

「RAW〜少女のめざめ〜」

劇場:TOHOシネマズ六本木

すごかった。
中盤までの展開は完璧と言っていいほどすごい。
衝撃が嵐のように襲ってくる。
中盤以降は残念ながらジャンル物みたいになってしまうのですが、それでも笑える。

あとバター犬がかわいい。
隙あらば股間ペロペロしてくる。
哀愁が漂うほどに。

新人女性監督らしい。
作風がレフン監督に似ていて、EDMに合わせて、鮮やかで作り込まれた映像とひどく暴力的でショッキングなシーンが続く。

「メビウス」並みの衝撃でございました。
最近観た中では一番衝撃度の強い映画だった。

「デヴィッド・リンチ:アートライフ」

劇場:シネマカリテ

老けましたね、先生。
最後、イレイザーヘッドのくだりであっけらかんと終わってしまいましたが、もしかしてこれは何部作かになるのでしょうか先生。
ホドロフスキーの対抗馬的なことに利用されてほしくありません先生。

先生が鼻からもわーっとタバコの煙を出しているところが見たかったのですが、もしかしてカメラが回っているのを意識して口からしか出さなかったのでしょうか。
そんなことが気になるドキュメンタリーでした。

もし次があるのであれば、先生、楽しみにしております。

「キングスマン : ゴールデン・サークル」

劇場:ユナイテッド・シネマ入間

あゝ楽しい。
ジュリアン・ムーアもわけわかんない2匹の犬もポピーランドも犬神家のハンバーガーも全部最高。
でもなによりエルトン・ジョンがこの世の終わりかというくらい最高。

この映画は少しの創造と大量の破壊でできている。
なんだよテキーラって。有名俳優だし活躍しねーし意味わかんねーよ。
ホラーの踏襲も笑えるけど、これだけメソッドをぶち壊してくれるともっと笑える。

前回の悪役のサミュエル・L・ジャクソンがちょっとだけでていた。
クレジットには、サミュエル・LL・ジャクソンとなっていた。
なんだよクソ…余裕ありすぎだろ。

あとあの王女様役の人、前作の流れでヒロインに選ばれたんだったら、とんでもなくシンデレラストーリーじゃないのか。
多分前回は、その場だけのちょい役のキャスティングで選ばれている気がして。

あゝ楽しい。

「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」

さて、滞っていた劇場鑑賞作品を一気に。
今年は例年と比べてまずまず観れているのではないでしょうか。

劇場:TOHOシネマズ新宿

待ってましたよスターウォーズ。
今回は賛否がかなり分かれているとのことですが、個人的には大好きでした。

ただ、さすがにレイアが宇宙空間をあーしてこーなるところはちょっと違うかなと…。

それはさておき、もうクライマックスがいっぱいで、さすがディズニー、物語の作り方がすごいなーと。
過去(ルーカス)のスターウォーズをぶっ壊して、完全に新世代(ディズニー)のものにしてしまうぜ!という意気込みがストーリーから溢れ出ていました。こわいこわい。

ただ、旧三部作にリスペクトをおくシーンもいっぱいで、二つの太陽のくだりはグッときてしまった。
ルーク、ありがとうルーク。
あなたが使ったサインペンはわたくしのライトセーバーです。
またスクリーンで会えるのを楽しみにしております。

2018年2月7日水曜日

「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」

そういえば去年観たものを。

祝!初クレヨンしんちゃん映画!
みんな口を揃えてベタ褒めしていたのでずっと観ようと思っていたやつ。

面白かった!

「ミューズ・アカデミー」

いやー素晴らしかった。
ドキュメンタリーとフィクションが混ざり合い、神話のミューズと現実の女の境目が無くなっていく。
現実の女たちは男目線の一方的な重荷を逸脱しようと模索するが、皮肉にも結局自分は愛する人の唯一のミューズだと信じて男を奪い合う。
…というのは多分男目線だからであって、そもそも女目線からするとミューズ?なんじゃそりゃ。そんなの男が勝手に作った妄想でしょ?こっちはただ男を取り合ってるだけなんだけど。むしろ皮肉なのは勝手に幻想を作り上げてる男の方でしょ。という感想になるのか。
女性の意見が聞きたい。

「新曲」のヴェアトリーチェを柱に、神話、ミューズ、性、欲望…などの討論が繰り広げられる。
この討論はガチの授業らしい。
こんな楽しそうな授業はいったいどこでやっているのか!

こういう映画は監督の性別にとても左右されてしまうと思うので、女性が撮ったものを観てみたい。
エコーとナルキッソス。
勉強になった。